現地研究ご案内・申込書 of 日本安全保障・危機管理学会

飾り枠-01-800-4.gif

JSSC第30-36号  
平成30年9月4日

 会 員 各 位
                             一般社団法人 日本安全保障・危機管理学会

理 事 長   二 見   宣
顧   問   横 山 佳 夫

横 浜 刑 務 所 研 修 の ご 案 内

謹 啓  司法行政の現実、犯罪者への処遇および施設のセキュリティを研修いたします。
  一 昨年も実施し、大変感銘をうけましたので、引き続きの第3回目の研修となりました。
  横浜刑務所は、男性受刑者1200名以上を収容する刑務所です。   
   執行刑期が10年未満で犯罪傾向が進んだ者(B指標受刑者)、日本人と異なる処遇が
   必要な外国人(F指標受刑者)、無期刑および執行刑期10年以上の犯罪傾向が
   進んだ者(LB指標受刑者)を収容しています。
  横浜刑務所の研修を下記により、計画いたしましたので、ご参加ください。       敬 具

1 日       時 : 11月27日火 13:10~ 17:00

2 集合場所・時間 : 地下鉄「港南中央駅」改札口、集合完了時間13:00
             (横浜刑務所所在地は、〒233-8501 神奈川県横浜市港南区港南4―2―2)
               TEL:045(842)0161、  FAX:045(846)9162

3 案   内   者 : 横山 佳夫 顧問(法務省 保護司)(3年前、法務大臣から表彰)

4 研 修 場 所等 : 横山 佳夫 顧問の計画による

5 募 集 人 数  : 先着 3 0 名

6 参  加   費 : 無  料(ただし、非会員は、諸雑費1000円を現地集金)

7 現地 での連絡 : 高馬(090-6303-9377)、 二見(080-6507-5523))
                白井(080-3151-1658)  

yokohama.jpg

飾り枠-01-800-4.gif

JSSC第30-35号
                                          3 0. 8. 2 8

 一般社団法人 日本安全保障・危機管理学会
                          理事長 二見 宣

第3回 台湾・淡江大学との
国際シンポジューム参加のご案内

謹啓 1昨年3月に第1回目のシンポジュームを開催いたしました。昨年の第2回は、
   連絡不備から一部の方のみになり、申し訳ありませんでした。
 今年は、下記により開催いたしますので、ご参加いただきたくご案内申し上げます。 謹白


1 日  時:平成30年11月7日(水)朝 ~ 11月10日(土)夜

2 場  所:台湾。シンポジュームは,淡江大学(台北市に近い。新北市 淡水区 英専路151号)

3 テ ー マ:東アジアの安全保障、 (副)台湾の民間防衛(シビル ディフェンス)

4 参 加 者:団長 茅原 郁生 拓大名誉教授、 日本から20名(先着)
 協力団体:淡江大学国際学部、台湾戦略研究学会、中華全民安全健康力推広協会等

5 概略日程;11月7日 午前 08:00=羽田集合、10:50=羽田発で台湾への移動
       11月7日 午後 台湾防災博物館、立法院(国会議事堂)等の研修

      11月8日 終日 淡江大学にてシンポジューム

       11月9日 午前 全民国防教育センター(民間防衛のこと)等の研修
          9日 午後 トレーニングセンター等の研修、全民防衛射撃訓練見学等
       11月10日 午前 補備、 午後:帰国 20:00=羽 田 着
       この日程以外の行動は、各自計画による。

6 シンポジューム:
  全       般 :淡江大学 国際研究学部, 岩本博士、石田光義元日本研究センター長
  学 会 の 講 演 者 :日本から(茅原団長、河原副理事長、中村理事、鈴木会員)の4名を予定
           台湾から4名の予定

7 管理事項(移動・宿泊・他)
  参加費:14万5000円(航空券やホテルの予約は、岩本 由起子博士担当)
        ただし、前記概略日程以外の行動は、各自でご処置してください。 

連絡先:
 茅原 郁生 団長 ;080-3002-5053
 岩本 由起子博士;080-4006-8327
 中村 宇利 理事 :090-6613-0600
 学 会 本 部 :03-5962-0810、FAX 03-5962-0820
 メール:info@jssc.gr.jp 以 上

参加希望者は、FAX(03-5962-0820)をお願いいたします。

00-01-ad.jpg

飾り枠-01-800-4.gif

JSSC第30-36号  
                                                 3 0 . 9.  4

各   位 

一般社団法人 日本安全保障・危機管理学会
理 事 長  二 見  宣

 「 海自・横須賀基地等研修 」のご案内

謹 啓 会員の皆様におかれましては、健やかにお過ごしのこととお慶び申し上げます。
さて、下記のとおり「横須賀基地」と戦艦「三笠」の研修を実施いたします。ご多忙中とは存知ますが、奮ってご参加下さい                          謹 白

1 日 時 : 平成30年10月28日(日) 10:00~15:00

2 場 所 : 横須賀基地(〒238-0045 神奈川県 横須賀市 逸見町 1丁目)
         アクセス:JR=横須賀駅 ・京浜急行=「汐入駅」徒歩7分

3 研修事項 : ① 護衛艦の構造・能力
        ② 戦艦「三笠」と日露戦争の歴史

02.jpg

4 集合 : 28日09:50、JR横須賀駅

5 参 加 費 : な し

6 現地(当日)での通信連絡
   津久井理事(070-5508-8625)、高馬事務局長(090-6303-9377)

7 研修申し込み
   10月5日(金)までに、参加者氏名・生年月日・年齢・性別・自宅住所等を
   FAX(03-5962-0820)またはメール(info@jssc.gr.jp)でお申し込み下さい。
   ただし、自力歩行困難な方、75歳以上の方は、ご遠慮ください。

01.jpg

飾り枠-01-800-4.gif

JSSC第30-31号  
                                                 3 0 . 8. 1  8

各   位 

一般社団法人 日本安全保障・危機管理学会
理 事 長  二 見  宣

 「航自 入間基地研修」のご案内

謹啓 会員の皆様におかれましては、健やかにお過ごしのこととお慶び申し上げます。
  さて、下記のとおり「航空自衛隊 入間基地研修」を実施いたします。
  ご多忙中とは存知ますが、奮ってご参加下さい。              謹白


1 日 時 : 平成30年10月9日(火) 09:50(集合)~15:40(解散)

2 場 所 : 航空自衛隊 入間基地 (〒350-1394 狭山市 稲荷山2-3)
             アクセス:西武池袋線 稲荷山公園駅

3 研修事項 :
            (1) 航空自衛隊の任務・組織、防空システム、航空輸送、航空機整備
            (2) 修武台記念館で航空戦力の造成、日本の航空歴史
            gc-130s.jpg50-100-tag.jpggc-1s.jpg
4 集 合 : 09:50、西部池袋線 稲荷山公園駅の駅前ロータリー、国籍証明書類持参

5 参 加 費 : 2000円(昼食代等)

6 現地での通信連絡

           津久井理事(070-5508-8625)、 銭本(090-2566-4957)

7 研修申し込み

9月14日(金)までに、参加者氏名・年齢・性別・職業・自宅住所・携帯電話番号等を
    FAX(03-5962-0820)またはメール(info@jssc.gr.jp)でお申し込み下さい。
      ただし、自力歩行が困難な方 や 75歳以上の方 は、ご遠慮ください。


FAX研修申込み書
FAX : 03-5962-0820

00-02-ad.jpg

飾り枠-01-800-4.gif

30年 1月 9日(火)
日本銀行・貨幣博物館 研修(白井参事)
場所 : 日本橋
時間 : 13:15-16:00

飾り枠-01-800-4.gif

nichigini-2017-1101-00.jpg